分からない事は担当者に聞く

業務効率アップに繋がる

社員研修は、普段の業務時間内では学べないことを集中的に学び、技術や知識を習得する時間です。研修内容は企業やその時により異なりますが、いずれも業務効率アップに繋がる絶好の機会と言えます。分からないことを聞くのも、社員研修の中では大切なことです。普段の業務時間内ではしっかり聞けないことも、社員研修であれば時間を十分に取っているのでゆっくりと聞くことができます。これを身に付け習得することで、業務効率のアップに繋がり、より仕事がしやすい環境作りができます。企業のためだけでなく、自分のためにもなるので、社員研修で分からないことがあれば積極的に担当者に質問するようにしましょう。また、自分の質問が他の誰かの疑問解決に繋がることもあります。

コミュニケーション能力アップ

分からないことを他人に聞くのは勇気のいることです。しかし、社員研修は業務を行う上での疑問を解決し、知識やスキルを身に付ける勉学の場でもあります。このような場で積極的に分からないことを担当者に聞くことは、それだけでもコミュニケーション能力のアップに繋がりますし、自分はどのような点に疑問を持っているか、しっかり言葉にして伝える練習にもなります。また、日々の業務の中で疑問に思っていること、分からないことを人前で口にすることで、あの人はこんな点を疑問に思っていたのかと、周りに伝えることができます。自分が分からない分野を伝えることで、普段の業務内でスムーズにサポートを受けることができます。このように、社員研修で分からないことを聞くのは、職場の円滑なコミュニケーションにも繋がるのです。

© Copyright Receiving Employee Training. All Rights Reserved.