外部から優秀な講師を招きいれる

社員研修の質を高めることが目的

企業で働くための社会常識と呼ばれるビジネスマナーや、業種ごとの仕事内容などを会社単位で教えることを、社内研修といいます。社内研修を行う担当講師は、多くの場合は人事担当責任者が兼務することが一般的です。ただ、自社の人間が行う社内研修の内容に関しては、社会一般で通用する知識というよりも、その会社内だけで通用する業務内容や決まりごとに偏りがちです。そのため、その会社を辞めて他の会社で働く場合を想定した、質の高い研修になっていないことが、現実として浮上することになります。そういった問題を解消する一つの手段として、外部から優秀な講師を招き入れることで、研修に関係するプログラム自体を、一新することが考えられます。

外部講師を招くメリット

社員研修の担当者を、外部の講師に委託することに関しては、いくつかのメリットがあります。講師の多くは人材育成を中心に行う専門家で、人に教えることに特化している他、効率的な研修を行うノウハウを持ち合わせています。自社で行う際に必ず生じる、会社独自のマナーとは異なることを学べるため、研修を受ける人や担当者にとって、刺激を受ける内容にすることができます。研修の設計に関して、外部講師はアンケートやテストなどの結果を集計することで、客観的な研修成果を示すことが可能です。 また、自社の人事担当者は他の業務を兼務することが多く、研修自体が過度な負担になってしまいます。外部講師を招くことで、人事担当者の負担を軽減することにもなり、結果として社員研修の質を高めることが可能となります。

© Copyright Receiving Employee Training. All Rights Reserved.