自分のスキルを上げる絶好の機会だと認識する

何を目標にして取り組むか

社員研修は土日に行われることも多いので、そうなると休日が潰れてしまいます。ネガティブな気持ちで参加しても、実りある社員研修にはなりません。時間を無駄にして、更に何も得られないとなるとストレスが溜まるのも仕方ないです。重要なのは何を目標にして取り組むかで、何も考えずに参加するよりも遥かに積極的になれます。何か一つでも技術を習得するとか、一人でも多くの人と会話をするなど目標は状況によって異なります。社員研修は自分を高める場なので、他の参加者は意気揚々と研修を受けるはずです。時には緊迫した空気が流れたり、休憩時間は和むなど目まぐるしく空気は変わります。そんな中でも対応できるように、目標だけは見失わないようにしたいものです。

努力を継続するしかない

社会人たるもの、会社に労働力を提供し続けるのが義務です。当然、質の低い仕事をするよりも質の高い仕事をした方が喜ばれますし、会社の成長に繋がります。その為には、常に努力をするしかありません。資格の取得を目指したり、残業をしてスキルを磨くのも一つの手段です。その中でも社員研修は一気に多くのことを学べるので有意義な時間です。一気に成長できれば上司からも認められますし、社内での地位も上がります。給与アップも見込めますし、会社の業績が悪くなっても解雇の対象外になるなどメリットしかありません。つまり、社会人として生きる以上は自分を磨き続けるしかないということです。このような気持ちで社員研修を受ければ、積極的になれるはずです。

© Copyright Receiving Employee Training. All Rights Reserved.